目のクマとおさらば!あなたのクマの適切な治療法を見つけよう!|Love Your Body

印象に左右されやすい目元の悩みは

目のクマにお悩みの方は必見です!目元の印象は大事ですから、クマの悩みはすぐにでも手放しましょう!その際にどんな治療があるのかを把握しておきましょう。Q&Aを参考にあなたに合った治療法を見つけていきましょう。

治療法ってどんなもの?クマについてのQ&A

目のクマに悩んでいますが、切らない治療方法ってありますか?

はい。レーザー治療やヒアルロン酸注射、裏ハムラ法などがあります。

自分がどのクマのタイプかわかりません

クマは病気の兆候として表れるものもあります。自己判断しようとせず、医療機関への受診をおすすめします。

色素沈着した目のクマの治療法ってどんなものがありますか?

主に光を当てて行う治療やレーザー治療などがあります。ダウンタイムがない治療法もあるのであなたに合った治療法を見つけてくださいね。

目元

裏ハムラ法の特徴

目のクマが目立つという人の中には、目元の血行不良ではなく目の下が膨らんでいることが原因となっているケースがあります。眼球の周りにある眼窩脂肪という脂肪が加齢などで下がり、目の下に溜まることでたるみのような膨らみができます。この膨らんでいる部分の下にへこみができることで、影ができそれが黒っぽいクマのように見えてしまうのです。脂肪が下がってしまうことでできた目のクマを解消する治療として、ポピュラーに行われているのが裏ハムラ法です。裏ハムラ法は下まぶたの結膜部分を切開し、そこから眼窩脂肪をへこんでいる部分へと移動させるという施術を行います。脂肪を移動させることによってへこみ部分がフラットとなり、たるみが無くなるので目のくまも解消されるという仕組みです。皮膚にメスを入れない美容整形なので傷跡が目立つというリスクが少ないことから、多くのクリニックで目のクマ治療とし裏ハムラ法は取り入れられています。

スケジュールを立てよう

目のクマを解消する治療を受けたいという場合、まずは方法を決めて施術を受けるスケジュールを立てることから始めましょう。美容整形は術後に腫れや痛みといった症状が現れるダウンタイムがあるので、施術法によっては仕事を休む必要も出てきます。もし、長く仕事を休むことができないというのであれば、ダウンタイムの期間が比較的短い注入系や照射系の治療がおすすめです。多少、仕事を休むことになったとしても半永久的な効果を得たいという場合は、メスを使う裏ハムラ法やハムラ法といった美容整形が向いています。メスを使う治療は施術を受けた後、約1週間程度にわたり腫れや痛みといった症状が現れるので、この期間を考えて施術を受けるスケジュールを決めましょう。裏ハムラ法やハムラ法といったダウンタイムが多少長い治療を受ける場合は、休むことを考えて長期休暇が取れるときに施術を受けるのがベストです。

広告募集中